2018.3.27

ニューウェルシティ湯河原 周辺おすすめスポット

雄大な自然の景観と豊かな山海の幸に恵まれ、行楽・静養に最適の地として多くの人々に親しまれてきた町で心も体もリフレッシュ!

■穴場のサーフィンスポット 「湯河原海水浴場」。1年中 波を楽しめる「吉浜ビーチ」。

都心からも近いため平日でもサーファーの姿がちらほら見られます。 エキスパートサーファーの方はもちろん、サーフィンスクールを開催しているショップもあるためビギナーの方でも気軽にサーフィンを楽しめるのも魅力です。

■文人が歩いた場所で 季節を感じる「万葉公園」。

万葉集の中でも唯一温泉についてうたわれた湯河原を象徴する公園で、文人墨客や多くの人々が訪れていることから“日本の歴史公園100選”に認定された歴史ある人気の観光地。

広大な土地に生い茂る様々な植栽が四季折々の彩りを添え、地元の方から観光客の方まで多くの人々で賑わいます。秋のシーズンには美しい紅葉が公園全体を鮮やかな色彩で染めます。

■万葉公園内「独歩の湯」で のんびり健康促進。

万葉公園に訪れたらぜひ行ってほしいスポット「独歩の湯」。効能がそれぞれ違う9つの温泉でのんびりしながら健康回復!全身に元気が蘇ってくる、未体験のリラクゼーション効果を、ぜひ味わいに来て下さい。

■湯河原五大滝のひとつ 「不動滝」。

落差15mながら水量は豊か。こじんまりながらも美しい、山の中にある小さな滝です。 滝のそばにはレトロなお茶屋さんも。水流の音と木々の木漏れ日を感じながら自然の豊かさに癒されること間違いなし。

■建築の巨匠の作品に 出会える「湯河原駅」

新国立競技場も手がけた隈研吾建築都市設計事務所の設計、デザインによる「木のぬくもりと湯けむりを感じるあたたかな広場」、「観光客も住民も気軽にふれあえるコミュニティとしての駅前広場」をコンセプトに、湯河原駅が新しく生まれ変わりました。木材を使った「和」をイメージしたデザインがみどころです。

■遊び疲れた身体は温泉で ゆっくり癒す。

ニューウェルシティ湯河原の温泉を楽しみながら一日の疲れを癒しましょう♪

もどる

※3歳未満無料。

※浴衣・バスタオル(レンタル)各324円、入浴タオル(販売)216円。

※24時以降は、別途深夜料金1,620円と入湯税(150円)を頂戴いたします。

※露天風呂 いずみの湯は年中無休です。(繁忙期入場を制限させていただく場合がございます)

※館外からの飲食物のお持ち込みは固くお断りします。 食物アレルギーをお持ちの方、離乳食ご利用のお客様に限りお持込みいただけます。

※入れ墨あるいは入れ墨類似シール(タトゥーシール)・ボディペイントをされている方、暴力団関係者、泥酔されている方、皮膚疾患、 その他伝染する疾患をお持ちの方、ペット類の持込みなどのご入館は固くお断りしております。

※おむつの取れていないお子様や高齢者の大浴場ご利用はご遠慮いただいております。 (ご家庭などで使用するベビーバスをご用意しておりますのでそちらをご活用ください。)

※小学校 3 年生以上の大浴場のご利用は、男の子は男性・女の子は女性の各大浴場のご利用となります。

※保護者の方はお子様から目を離さないようにお願いいたします。 小さなお子様および保護者の方が安全に安心してご利用いただける環境を維持するため、皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

※18 歳未満の方のみでのご入館はご遠慮いただいております。ご了承くださいませ。

※当施設(日帰り入浴及び宿泊利用共に)は、保護者の方ご同伴にてご利用願います。(18 歳未満の方のみのご利用は出来ません。)

※リストバンド及び脱衣ロッカーキーを紛失されませんようにご注意下さい。 リストバンド、脱衣ロッカーキーを紛失されますと鍵の交換代金(1,080円)がかかります。 必ず肌身離さずご注意くださいますようお願いいたします。 尚、当館セキュリティー向上の為、お客様のご退館後にシリンダーを交換させていただいております。 (ご退館後、ご自宅等で発見された場合でも、ご返金対応はできません。)